インターコム(高橋啓介社長)と日本ラッド(須澤通雅社長)は、7月29日、情報漏えい対策とIT資産管理機能のクラウドサービス「MaLion Cloud+ SaaSes(マリオンクラウドプラス サースィズ)」を共同開発した。販売は日本ラッドが手がけ、同日発売した。

 「MaLion Cloud+ SaaSes」は、インターコムが開発した情報漏えい対策とIT資産管理のパッケージソフト「MaLion 3」と同等の機能を備える。ウェブアクセスやメール、USBメモリの使用、プリンタ出力など、情報漏えいにつながる可能性が高い従業員のパソコン操作を監視する。ソフトライセンスの管理ツールなどを搭載し、IT資産管理にも活用できる。

 1ライセンスの価格は、月額1500円からで、最低契約ライセンス数は10ライセンス。初年度5000ライセンスの販売を見込んでいる。(木村剛士)