IDC Japan(竹内正人代表取締役)は、8月8日、企業規模別でみた国内のIT市場予測数値を発表した。

国内IT市場の企業規模別前年比成長率

 企業規模別で見た2011年のIT支出額は、小規模企業(従業員数1~99人)が前年比10.1%減の1兆1110億円、中小企業(100~499人)が8.5%減の1兆4709億円。中堅企業(500~999人)が7.2%減の7974億円で、大企業(1000人以上)が4.5%減の5兆6275億円。東日本大震災と電力不足の影響で、IT支出が再び抑制されると予測している。

 ただし、12年は経済環境が回復傾向に入ることから、全企業規模でプラス成長を予測。とくに大企業では中堅・中小企業よりも業績の回復が進むとみて、12年IT支出額は、前年比3.5%増の5兆8239億円と予測している。(木村剛士)