日立情報システムズ(原巖社長)は、日本マイクロソフトが提供するクラウドサービス「Office 365」を活用した企業向けサービスを開始する。第一弾として、9月16日に「Office 365」に対応したクラウド型のメールアーカイブサービスを発売した。サービスの提供は2012年1月を予定する。

 メールアーカイブサービスは、コンピュータシステムエンジニアリング(CSE)社のメールアーカイブソリューション「WISE Audit」を利用したもの。添付文書を含めた電子メールのアーカイブや高速検索、フィルタリングなどの機能を備える。

 日立情報は、今後「Office 365」を企業で活用するためのSaaS型サービスを発売していく。今年10月に合併する日立電子サービスのコンタクトセンタサービスを組み合わせ、新会社・日立システムズの新サービスの一つとして展開するほか、日立グループのクラウドソリューション体系「Harmonious Cloud」の一つとして展開する。(ゼンフ ミシャ)