日立情報システムズ(原巖社長)は、8月3日、鉄道会社向けに、鉄道輸送計画(ダイヤ)を短期間で作成できるクラウド型のサービス「SmartDia(スマートダイヤ)」を提供開始した。

 「SmartDia」は、「鉄道線」「軌道線(路面電車)」「LRT(Light Railway Transit)」に対応したクラウド型のダイヤ作成サービス。ダイヤ改正やイベントなどによる臨時ダイヤ検討の際、車両や乗務員の運用計画を簡単に組むことができるので、限られた検討期間内にさまざまなシミュレーションを行うことができる。初期費用は100万円からで、月額の利用料金は25万円から。

 日立情報システムズは、今後、「SmartDia」を英語や中国語に対応させ、日立グループが取り組む鉄道事業のグローバル展開に対応するサービスとして提供する。(ゼンフ ミシャ)