トランスウエア(松田賢代表取締役)は、クラウド型メール誤送信防止サービス「Active! gate SS」のサービス価格を、1アドレスあたり月額150円からに変更した。また、従来のサービスプランに上司承認の機能が利用できる「オリジナル運用プラン(上司承認付き)」を新たに追加した。

 「Active! gate SS」は、豊富な導入実績があるオンプレミス型ソフト「Active! gate」の多彩な機能をそのままに、小規模からでもすぐに使えるクラウド型のメール誤送信防止サービス。メール誤送信対策に有効な七つのアプローチを一つのサービスで提供する。

 各プランの新価格(税別)は、「ベーシックプラン」が初期費用5万円、月額費用200円(1アドレス)。「アドバンスドプラン」が初期費用5万円、月額費用300円(1アドレス)。