東京・港区の六本木アカデミーヒルズで開催中の「BCN Conference」。NTTコミュニケーションズの中山幹公クラウドサービス部担当部長は、「BizCITYでともに創ろう! これからのクラウド」と題したセッションで、自社クラウドサービス「BizCITY」のメリットをアピールした。

 冒頭、中山担当部長は、クラウドの導入理由が多様化している現状を説明。「従来はコスト削減がメリットとして挙げられてきたが、ビッグデータのような大量デジタルコンテンツを収集してビジネスの意志決定に生かすBCP(事業継続計画)を重視して採用するなど、さまざまな観点から導入が進んでいる」と指摘した。

NTTコミュニケーションズの中山幹公クラウドサービス部担当部長

 クラウドの採用状況をみると、現在その多くが自社内でブレードサーバーと仮想化技術を活用してシステムを集約し、運用する「オンプレミス型プライベートクラウド」。また、クラウドを導入しない企業は、その理由として「コスト削減にならない」を挙げる企業が多い。中山担当部長は、「これでは本来のクラウドのよさを享受できない」として、「ICT全体のパラダイムシフトがクラウドだ。本来のメリットを提供することで、コスト削減やシステム運用のアウトソーシング、ビッグデータ活用に生かすことができる。攻めのICTを活用してほしい」と語った。

 このクラウドのメリットを実現するために、IaaSへのシフトを推奨。NTTコミュニケーションが提供するクラウドサービス「BizCITY」を、「オンプレミスからパブリッククラウド、プライベートクラウドを提供できる柔軟性や他社のクラウドとの連携、運用管理サービス、ネットワークやアプリケーションを豊富に揃えている。選択肢が多く、顧客に適合するスペックを提供することができる」とアピールし、ラインアップとパートナープログラムを紹介した。(鍋島蓉子)