ニュース

<BCN Conference>レノボ、事業戦略を概説、「パートナーの成功はわれわれの成功」

2011/10/14 10:37

 東京・港区の六本木アカデミーヒルズで開催中の「BCN Conference」。レノボ・ジャパン茂呂美千博執行役員パートナー事業担当は、「レノボ・ジャパンの今、そして今後の展望」と題したセッションで、レノボの事業戦略とパートナー支援体制を語った。

 レノボはグローバル市場で、PCベンダーとして、過去7四半期にわたって成長率No.1を記録してきた。「なぜ好調なのか、それは地道な活動による。当社は『プロテクト&アタック』『イノベーション』『パートナーフォーカス』の三つに焦点を置いてビジネスを行っている」として、茂呂執行役員はその理由を話した。

レノボ・ジャパンの茂呂美千博執行役員パートナー事業担当

 「プロテクト&アタック」では、法人マーケットを「プロテクト(守り)」、モバイルインターネットデジタルホーム、クラウドソリューション、スマートフォン、タブレットPCなどを「アタック(投資)」と明確に分けてビジネスを展開。SMBやコンシューママーケットでの投資も強化する。「この一環で、NECと提携した。日本は開発拠点を置いていることや、競争が激しく、高品質なものづくりが求められていることから、特別な市場とみている」。

 また、「イノベーション」では、米国・中国・日本の3拠点で、タブレットPCなどを分散して開発している。茂呂氏は「中国ではスマートフォンも出している。日本でも検討したい」と意欲を示した。

 「パートナーフォーカス」では、2年前から力を入れるパートナーとの協業に言及。「現在、各種提案活動の9割がパートナービジネス。パートナーが成功しなければ私たちの成功はない」として、同社のパートナーサポート体制を説明した。(鍋島蓉子)
  • 1

関連記事

<BCN Conference>デルのチャネル戦略、チャネル販売の拡大へ、「パートナー様の強みを生かす」

<BCN Conference>ソフトバンクBB、自社事例を紹介しながらモバイルインターネット関連のパートナー戦略を披露

<BCN Conference>日本HPの最新状況、クラウド戦略を明らかに、「パソコン事業の方針は検討中」

レノボ、ソニーの元社長出井氏を社外取締役に

<タブレット端末>冬商戦向け新製品が相次いで登場 新しい販売モデルの構築に挑戦

外部リンク

レノボ・ジャパン=http://www.lenovo.com/jp/ja/

「BCN Conference」=http://biz.bcnranking.jp/sp/conference/

BCN=http://www.bcn.co.jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>