東芝ソリューション(河井信三社長)は、府中市の後援で地域・社会との協調連帯による環境保全意識の高揚を目的とする「環境フォーラム」を、12月5日、府中グリーンプラザけやきホールで開催する。参加費用は無料。

 「環境フォーラム」は、東芝ソリューショングループが府中市民とともに環境保全を考える機会として毎年開催しているもので、今年で6回目となる。今回は、アグネス・チャン氏が、国内で環境保護団体とともに活動し、アフリカやアジアで環境破壊の現状を視察してきた実体験をもとに、地球的視野での環境保護について「水の惑星に生まれて ~美しい海と森について~」と題して講演する。

 東芝ソリューショングループは、環境への取り組みを経営の最重要課題の一つとして位置づけ、「優れた環境技術や製品の開発と提供、および地域・社会との協調連帯により、環境活動を通じて社会に貢献すること」を目標に経済活動と調和させた環境活動を推進している。「環境フォーラム」は、環境経営の基盤となる環境コミュニケーション活動の一環として展開している。