NEC(遠藤信博社長)は、無停止型サーバー (フォールトトレラント・サーバー)「Express5800/ftサーバ」シリーズから、最長10年の長期保守に対応した「長期保守対応モデル」を、11月4日に発売した。出荷は11月30日を予定している。

 「Express5800/ftサーバ」は、CPUやメモリなどの主要なハードウェアを二重化し、ハードウェア障害によるシステム停止のリスクを低減する無停止型サーバー。新製品は、長期サポートに対応する部材の選定や保守パーツの調達体制などを強化し、10年間の長期保守を実現した。年1回の定期メンテナンスや5年目のHDD、電源などの一括交換サービスなどをパックにした保守サポートパック製品「ExpressSupportPack G2(ftサーバー長期保守対応モデル)」を投入し、ユーザー企業の運用負荷を軽減する。

 同社は、新製品を官公庁・企業のデータベースや業務サーバーなどの用途に加えて、長期保守と高信頼性が必要とされる製造プラント、ビル設備、放送設備などの制御システムなどに組み込まれるサーバーとしても販売する。

 税別価格は、エントリモデル「Express5800/R320a-E4(長期保守対応モデル)」が205万円から。「ExpressSupportPack G2(ftサーバ長期保守対応エントリモデル用)」が366万9700円から、ミッドレンジモデル「Express5800/R320b-M4(長期保守対応モデル)」が322万5000円から、「ExpressSupportPack G2(ftサーバ長期保守対応ミッドレンジモデル用)」が470万6500円から。