米ラリタン(Ching-I Hsu会長兼CEO)は、12月20日、データセンターの運用やエネルギー効率改善を支援する「スマートラックコンセプト」の一環として、新機能「スマートラックビュー」と「クイックチャート」を搭載したエネルギー管理ソフトウェアの最新版「Power IQ 3.1」を発表した。

 「Power IQ 3.1」は、ダッシュボードに表示する「スマートラック」とラック用電源タップ(PDU)ビュー内の「クイックチャート」によって、電力、冷却、湿度、エアフロー、イベントなど、ラック内のエネルギーと運用に関する重要な情報にワンクリックでアクセスできる。さらに、PDUやIT機器、ブレーカーなど、ラック内資産の詳細な状況を入手することができる。

 新機能を使うことで、管理者はホットスポットの有無や電源負荷とラック内の温度との関係、三相電源のバランス、電源容量の限界に関する情報をチェックすることができる。