日立システムズ(高橋直也社長)は、1月27日、官公庁・自治体・独立行政法人に向けて、電子入札や契約管理など、公共工事の入札や物品調達業務を支援するクラウドサービス「e-CYDEEN(イーサイディーン)/クラウド」を発売した。提供開始は4月を予定している。

 「e-CYDEEN/クラウド」は、これまで提供してきた導入型の建設情報化システム「e-CYDEEN」の機能を強化しながらクラウドサービスとして提供するもの。電子入札システムの導入機運の高まりや関連業務の効率化、コスト低減のニーズに対応し、電子入札、入札情報公開、契約管理、競争参加資格申請受付、業者管理、成績評定など、調達業務に必要なシステムを低コストで提供する。導入型の「e-CYDEEN」に比べ、3割程度安くシステムを利用することができる。

 初期導入コストの低減に加え、サーバーの維持保守・セキュリティ対策などの運用業務が不要になるほか、システム間でデータを効率的に連携でき、入力ミスや業務負荷が軽減する。さらに、耐震設備などを備えた日立システムズのデータセンターでシステムやデータを保管するので、ユーザー企業は事業の継続性を高めることができる。

 価格は、初期費が105万円から、月額費が5万2500円から。日立システムズは、主力事業として強化中のクラウドサービスの一つとして拡販を推進し、2014年度(2015年3月期)末までに累計6億円の売り上げを目指す。