サイボウズ(青野慶久社長)は、「サイボウズ リモートサービス」のサードパーティー製品への接続に、NIコンサルティング(長尾一洋代表取締役)の営業支援システム(SFA)「顧客創造日報シリーズ」が正式に対応したと発表した。

 NIコンサルティングの「顧客創造日報シリーズ」は、日本でつくられた日本人のためのSFAとして、サイボウズのグループウェアと併用している企業が多いという。こうした企業からの要望を受け、外出先や自宅から社内のウェブシステムへ安全にアクセスできるネットワーク環境を提供する「リモートサービス」に正式に対応した。

 「リモートサービス」を利用することで、高価なVPN機器を導入しなくても、短期間で外部から社内LANへのアクセスができる環境を構築し、「顧客創造日報シリーズ」のモバイル活用シーンを広めて営業生産性の向上を促進する。

 今後は、NIコンサルティングと販売パートナー契約を締結し、「リモートサービス」の100社導入を目指す。