ラリタン・ジャパン(クリストファー・マクファーソン社長)は、3月7日、データセンター(DC)向けITアセット管理ツール「AMT/AMS」と環境管理のスマートラックコントローラ「EMX」を発売した。

 「AMT/AMS」は、ITアセットを追跡管理できるツール。IDチップとバーコードをもつ電子IDタグ「アセットマネジメントタグ(AMT)」を、読取りセンサである「アセットマネジメントセンサ(AMS)」に取りつけることで、ITアセットの位置情報をリアルタイムに管理できる。

 スマートラックコントローラ「EMX」は、ラック周りの環境を監視するIPベースのアプライアンス。温度、湿度、気流、気圧、煙、水、ドアの開閉やウェブカメラの映像、「AMT/AMS」からの資産情報などの情報を収集・管理する。「EMX」が収集したデータをもとに、冷却システムの見直しや設備の再配置を行うことで、DCの省エネに貢献する。

 価格は、「AMT/AMS」が11万2000円から、「EMX」が6万円から。