ラリタン・ジャパン(クリス・マクファーソン社長)は、2月28日、販売パートナー向けの「2012年ラリタン・ジャパン チャネルカンファレンス東京」を開催し、今年の事業戦略を説明した。

ラリタンアジア太平洋地区副社長のクリス・マクファーソン ラリタン・ジャパン社長

 ラリタン・ジャパンは、2012年、(1)インテリジェントPDU(iPDU=ラック用電源タップ)、(2)ソフトウェア、(3)KVM、(4)データセンター(DC)に向けた運用ソリューション――という四つの分野に着目。日本での電力供給事情の悪化を受け、DC向けのエネルギー管理・制御を有望商材と捉え、省電力をキーワードにDC向けビジネスに力を入れる。

 米国本社でアジア太平洋地区副社長を兼務するラリタン・ジャパンのクリス・マクファーソン社長は、「iPDUやDC運用ソリューションの事業は、成長が著しい。これにけん引され、当社は2011年、前年比でアジア太平洋地区では4倍、日本では倍の売り上げを記録した」と語る。

ラリタン・ジャパンのジェラード・ポールクラーク カントリマネージャー

 ラリタン・ジャパンは、3月上旬をめどに、iPDUをはじめ、いくつかの新製品を日本市場に投入する予定だ。ジェラード・ポールクラーク カントリマネージャーは、「iPDUを単品で売るのではなく、販売パートナー各社がもつ商材とセットにしたかたちでのソリューション販売を拡大したい」としている。(ゼンフ ミシャ)