SAPジャパン(安斎富太郎社長)は、中小企業向け統合基幹業務システム(ERP)の最新版「SAP Business One8.82」の提供を開始した。マスターデータクリーンアップや包括契約、キャンペーン管理の新機能を実装する。

 マスターデータクリーンアップ機能によって、ウィザード形式のクリーンアップ画面を使用し、不要になったアイテムや取引先、G/L勘定、プロジェクト、利益センタ、配賦規則などのマスタデータを消去。消去実行前に、ビジネスロジックの整合性が保たれることをシステムで確認するので、人為的なミスを回避できる。大容量のデータを使用するマスターを消去することで、ハードウェアの使用容量を圧縮できる。

 包括契約機能は、取引先との長期販売契約や購買契約を管理。包括契約で定義された契約期間や特別価格は、販売・購買の受発注時に自動的に反映され、包括契約の達成率を随時確認できる。収益予測、資材所要量計画にも包括契約の内容を反映させることができ、より計画的な予測・所要量計画を策定できる。

 キャンペーン管理機能では、マーケティングイベント情報を登録・更新・分析。実施状況とレスポンス率を管理し、キャンペーンから生成された案件を直接販売案件・リードとしてシステムに登録することもできる。

 SAPジャパンは、社内営業部門の販売体制を強化し、「SAP Business One」の販売パートナー各社との協業を深めることで、中小企業市場でのビジネスをさらに拡大する。具体的には、各種イベントの展開やウェブプロモーションの充実、「SAP Business One」のデモセンター「SAP Business Oneソリューションセンター」の設立などを推進する。

 このほか、すでにグローバルで提供している「SAP Business One OnDemand」ソリューションや「SAP HANA」で強化された「SAP Business One」用のアナリティクスソリューションを、日本市場でもリリースする予定。(信澤健太)