IDCフロンティア(真藤豊社長)は、3月23日、2月15日から試験サービスとして提供していた米RightScaleのクラウド統合運用管理ツール「RightScale Cloud Management Platform(RightScale Platform)」へのセルフポータル型クラウドサービスを、正式サービスとして開始した。

 国内外の提供事業者を超えたクラウドサービスや、パブリック/プライベートクラウドを問わずに運用・管理することができるマルチクラウド環境のサービス。RightScaleがIDCフロンティアを日本のインフラ提供事業者として初めて採用し、正式にサービスを開始することになった。

 具体的には、サーバーの一般的な構成である「LAMP(Linux、Apache、MySQL、PHP)」に加えて、「Tomcat」や「Rails」といったアプリケーションやロードバランサなど、OSやアプリケーションなどをあらかじめ組み込んでクラウドサービス用のテンプレートとして提供する。テンプレートは、APIで操作できる「RightScript」も含めて10種類を用意。今後も追加する。

 ユーザー企業はこのテンプレートを利用することで、同一設定のサーバーを「RightScale Platform」上からすばやく立ち上げることができ、自社システム用などとして独自にカスタマイズや登録ができる。また、ほかの利用者に公開し、RightScaleが提供するソフトウェアのマーケットプレイス「MultiCloud Marketplace」で共有することもできる。

 4月には、国内向けに「RightScale Platform」とクラウドサービスをパッケージ化して提供し、円建て決済や日本語のサポート、一定範囲内の利用なら定額となる料金体系をつくる。これによって、ITインフラの設計から運用フェーズまでの工数とランニングコストを大幅に削減することができる。