シスコシステムズ(シスコ、平井康文社長)とネットアップ(タイ・マッコーニー社長)は、データセンター(DC)向けの統合インフラストラクチャ「FlexPod」に、500~1000ユーザー向けのビジネスアプリケーションの負荷に最適な価格とサイズのエントリレベル製品を提供する。

 「FlexPod」は、ネットワークやストレージなど、シスコとネットアップの各ソリューションを融合し、共有インフラストラクチャ上に構築されるソリューション。新製品では、価格やサイズを比較的低負荷な環境に適応させた事前検証済みデザインアーキテクチャを追加した。ユーザー企業は、必要なインフラストラクチャだけに投資して、ビジネス状況の変化に応じて処理能力を迅速に拡張することができる。

 シスコとネットアップは、2010年11月に「FlexPod」を発表。現在、およそ500社の販売パートナーを通じてグローバルで展開しており、850以上のDCインフラストラクチャとして利用されている。(ゼンフ ミシャ)