日本IBM(マーティン・イェッター社長)は、グローバルスケールのインフラストラクチャを時間単位の従量性課金制で提供する企業向けパブリッククラウドサービス「IBM SmarterCloud Enterprise(SCE)」のSLA(サービス・レベル・アグリーメント)を99.9%に引き上げ、5月30日に適用した。また同日、膨大なファイルの保存と、指定によって自動的に相互データ・レプリケーションを提供する可用性の高い「オブジェクト・ストレージ」オプションを発売した。

 「SCE」は、「IBM SmarterCloud ポートフォリオ」の企業向けパブリッククラウドサービス。全世界6か所のIBMデータセンター(DC)を連携・統合しながら、世界中どこからでも同じクラウド・サービスとして低料金で利用できる。サービスレベルは、SLO(サービス・レベル・オブジェクティブ)ではなく、達成基準であるSLAを採用。「SCE」のSLAは従来99.5%だったが、99.9%に引き上げた。

 「オブジェクト・ストレージ」は、「SCE」を利用する際のオプションサービスで、膨大でアクセス頻度の少ないデータの保管に適している。インターネット経由で世界中のどこからでも大容量ファイルにアクセスでき、オフィス文書、音声、画像、動画などの非構造化データにも対応。「SCE」のシステムとは別のDCで提供するので、災害対策としてのデータ二重化にも活用できる。

 「オブジェクト・ストレージ」の税別価格は、月あたりの平均使用量で1TBまでの場合、1GBあたり21円。保管したデータ量だけを月あたりの平均使用量(GB単位切り上げ)で課金するので、ストレージ容量管理の心配をせずに経済的に利用できる。