日本IBM(マーティン・イェッター社長)は、5月15日、クラウドサービスのラインアップを強化し「IBM SmarterCloud Enterprise+(SCE+)」を発表した。

 情報システム基盤をネットワーク経由のサービスとして利用するIaaS環境を、企業に必須のサービス管理やセキュリティなどの機能とともに、マネージド(運用)サービスとして提供するクラウドサービス。IBMがグローバルで培ってきたシステム・インフラのテクノロジーと蓄積されたノウハウを活用し、基幹業務に利用できるグローバル標準のクラウドサービスとして提供する。

 すでに、米国、ドイツのデータセンター(DC)での提供を開始しており、日本、南米、アジアのDCに順次拡大していく。日本でのサービス開始は8月初旬を予定している。ユーザーは、日本で契約することで、世界のどのDCからも同じサービスを同じ条件で利用できる。

 日本IBMでは、SAPなど業務アプリケーション領域のパートナーと協業を推進し、アプリケーションをPaaSとして提供するサービスを開発していく予定。第一弾として、「SCE+」をインフラとして、SAPのアプリケーションをPaaSとして提供する「IBM SmarterCloud for SAP Applications(SC4SAP)」を開発する。「SC4SAP」は、今年後半に、日本のDCでの提供を予定している。また、パートナーとの協業を強化し、「SCE+」を業界クラウドソリューションのインフラとして活用できるようにしていく。

 さらに、顧客が設置・運用するプライベートクラウドと「SCE+」の連携(ハイブリッドクラウド)や、既存アプリの移行ソリューションに対応するために、IBMリサーチとともに開発を進めていく。