日本IBM(橋本孝之社長)は、5月11日、第四銀行(小原雅之頭取)が11月に導入を予定しているタブレット端末の導入を支援し、端末を活用した新システムも構築すると発表した。

 第四銀行は、約500人の渉外担当者全員にタブレット端末を貸与し、CRM(顧客管理)システムとグループウェアを利用できるようにする。外出先でも顧客情報の閲覧や情報共有を可能にすることで、渉外担当者の仕事の効率化と顧客の満足度向上に役立てる。

 シンクライアント技術を採用することで、タブレット端末内に顧客情報を保有しない仕組みを構築した。日本IBMが構築する新システムでは、アプリケーションソフトを仮想化。容易な運用管理を実現し、セキュリティ強化を図る仮想化ソフト「Citrix XenApp」を採用している。(木村剛士)