東芝ソリューション(河井信三社長)は、「使用電力見える化クラウドサービス」を凸版印刷(金子眞吾社長)の相模原工場に納入した。

 「使用電力見える化クラウドサービス」は、東芝と東芝ソリューションが2011年5月に発表した「電力見える化クラウドサービス」に、グラフ表示機能と解析機能、ユーザー支援機能を加えたサービス。設置場所ごとに使用電力量を一覧表示したり、電力デマンドグラフをウェブの管理画面で表示したりでき、節電に必要な情報をリアルタイムで把握することができる。

 凸版印刷相模原工場は、11年9月に「使用電力見える化クラウドサービス」の導入を決定し、今年4月末に稼動を開始した。電力量計や電力量センサ(端末・計測センサ)を300か所に設置し、使用電力量の削減を図っている。