クラウドコンピューティングの時代が着実に到来しつつある今、企業のIT投資は「所有」から「利用」に移行しつつある。この流れのただ中にいるキープレーヤーの1社がグーグルだ。グループウェア機能を含む生産性向上のためのビジネスツール群「Google Apps for Business」は、驚異的な勢いでユーザー企業を増やしている。グーグルは、より多くのプレーヤーが「Google Apps for Business」を使ってビジネスが手がけられるよう、リセラープログラムを設定。ユーザーコミュニティとパートナーコミュニティの活性化を図る。

 「Google Apps for Business」は、25GBの容量をもつ「メール」「カレンダー」「ドキュメント」「ウェブ会議」など、ビジネスで生産性を向上するために不可欠な機能を搭載している。1ユーザーあたり年間6000円で利用できる低料金も、ユーザー企業にとっては魅力だ。

 すでに世界で約500万社、8000万ユーザーが利用し、国内でもこの1年でユーザー数が50%増加している。中小企業から大企業まで、業種や規模を問わず利用されていて、最近では、損保ジャパングループが国内で最大規模となる3万ユーザーの利用を決めている。

 販売は、ユーザー企業がサービスを利用するために直接申し込むオンライン販売があるが、販売代理店による提案・販売・導入が過半数を占めている。リセラープログラムも設けており、「大中規模向け」「中小規模向け」の2種類がある。現在、「中小規模向け」に参加するベンダーを積極的に開拓しているところだ。

 参加しやすいプログラム設計で、販社に対して、「Google Apps Authorized SMB Reseller」のロゴや販売・マーケティング用ツールの提供、導入・保守・教育のサポート、周辺サービスの提供などを実施。また、特別支援が必要な販社に対して、特別プログラムを用意して支援していくことも計画している。(佐相彰彦)

→詳しくはこちら
クラウド時代の到来を前に伸びるGoogle Appsビジネス、販売代理店も拡大