ディーリンクジャパン(D-Link、マーティ・リャオ社長)は、最大48台までの無線LANアクセスポイントを集中管理できる無線LANコントローラ「DWS-3160シリーズ」を9月27日に発売した。

 「DWS-3160シリーズ」は、10/100/1000BASE-Tを24ポート、SFPコンボスロットを4基備えた「DWS-3160-24TC」と、PoE+給電対応の10/100/1000BASE-Tを24ポート、SFPコンボスロットを4つ備えた「DWS-3160-24PC」の2機種をラインアップ。デフォルトで12台までの無線APを管理できる。別途ライセンスを購入することで管理AP数を増やし、社員数10人から800人程度までの法人規模に応じた無線LANネットワークの設計が可能となる。

 VPN接続や広域イーサネットなどによるインターネット接続環境があれば、本社から離れた遠隔の支店や工場、店舗などに設置された専用の無線LANアクセスポイントの集中管理もできるので、多拠点に展開する民間企業や市町村の出先機関、学校施設などの公共機関などでの利用にも向いている。

 税別価格は、「DWS-3160-24TC」が22万8000円、「DWS-3160-24PC」が39万8000円。