【サンフランシスコ発】米オラクル(ラリー・エリソンCEO)が、9月30日から10月4日まで、米サンフランシスコのザ・モスコーンセンターなどを会場に開催するプライベートイベント「Oracle OpenWorld San Francisco 2012」が始まった。例年と異なり、初日の日曜日はパートナー向けセッションが行われ、その席上で、PaaSを含めた同社のクラウド・サービスに関する新しいパートナー・プログラムの一部を公表した。マーク・ハード社長は基調講演に登場し、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)やシステムインテグレータ(SIer)などのパートナーに対し、「パートナーと一緒にクラウド・サービスを展開する。これは、当社にとって大きな決定だった」と述べ、エコシステムへの参画を呼び掛けた。

クラウド・サービス向けの新しいパートナー制度を公表したジャドソン・アルソフ上級副社長

 基調講演と講演前のプレス向けセッションに登場したグローバルのアライアンス、チャネル、組込みセールスを担当するジャドソン・アルソフ上級副社長は、新しいパートナー・プログラムを明らかにした。新しいプログラムでは、ISVやプロバイダにISVの製品や「Oracle Fusion Applications」向けのIaaS/PaaS環境を提供したり、オープンなマーケットモデルを構築したりするほか、これらクラウド・サービスを顧客に販売するリセール・プログラムも開始する。また、パブリック/プライベート両面のクラウド・サービス環境を早期に構築できるプレイヤーをオラクルの開発者やコンサルティング担当者が支援して認定する「Specialized Oracle Cloud Builder」という制度を設けることを明言した。

「クラウド・サービスは当社にとって大きな決断だ」と語ったマーク・ハード社長

 アルソフ上級副社長は「オラクルの知財を使い、最も完成されたポートフォリオで、競合他社より早くクラウド・サービスを提供できる新しいオファリングだ」と説明。ハード社長は「『Fusion Cloud Application』のスイート製品を構築し、これらのクラウド・サービスが利用できるようになる」と、クラウド・サービスメニューの拡充を明らかにした。クラウド・サービスに関する新しいパートナー・プログラムやサービスは、イベント期間中に詳細が公表される見通しだ。(谷畑良胤)