フリービット(石田宏樹社長)は、9月に子会社の「SmartVPS LIMITED」を香港に設立し、このほど中国市場向けのクラウドサービス「smartVPS」の提供を開始した。

 中国のユーザー企業に対し、仮想専用サーバー(VPS)を提供するサービス。次世代IPアドレスであるIPv6に対応し、グローバルIPv6アドレスを取得することができる。

 フリービットは、2013年の中国IT市場の規模を1730億ドルとみて、「smartVPS」を商材にマーケットの開拓に取り組む。(ゼンフ ミシャ)