イトーキ(松井正社長)と京セラ丸善システムインテグレーション(KMSI、鈴木幹夫社長)は、11月19日、チームや個人の知識を「見せる化」して知識の共有を促す新しいコンセプトの企業/大学向け電子雑誌配信サービスを共同で開発したと発表した。2013年の提供を予定している。

 国内の主要ビジネス雑誌を電子化して、企業や大学向けにまとめて提供する電子雑誌配信サービス。ユーザーは、閲覧アプリを通して、チームや個人の閲覧・検索履歴をもとに雑誌を探したり、おすすめのカテゴリや共有すべきコンテンツを選択したりして、手持ちの端末にダウンロードすることができる。

 紙媒体と異なり、保管場所や管理の手間が不要で、遠隔地の拠点にいるメンバーとの情報共有を実現。また、部署別購入などの重複購読を防止し、経費削減に寄与する。閲覧は、大学などの教育機関に導入されている電子書籍ビューワアプリ「BookLooper」を使用するので、権利保護やコピー防止など、コンプライアンスの観点からも安心して利用できる。(真鍋武)