ネットワールド(森田晶一社長)は、12月4日、英ストアマジックの仮想ストレージソフトウェア「StorMagic SvSAN」の最新版「StorMagic SvSAN5.0」の販売を開始した。

 「VMware vSphere」をインストールしたサーバーのローカルディスクの空き領域をiSCSIの共有ストレージ領域として利用できるバーチャルアプライアンス製品。高価なSAN/NASストレージを導入することなく、安価に共有データストアを構築することができる。仮想マシンをダウンタイムなしで別ホストに移動できる「VMware vMotion」のほか、「VMware HA」機能も物理的な共有ストレージなしで利用することができる。

 「VMware vSphere5.1」環境に対応。さらに、管理コンソールの機能強化によってインストール工数を大幅に削減し、従来30~60分を要していた仮想ストレージの展開が15分程度で完了する。新たにSNMPをサポートし、多拠点に複数導入した仮想化環境の「VMware」と「StorMagic」のステータスを、本社やセンターオフィスの一つの「VMware vCenter」で一元的に遠隔管理でき、システム管理者の工数も大幅に削減できる。

 税別参考価格は、24万9800円(2ノードのライセンス/実効容量2TB)から、143万8500円(2ノードのライセンス/容量無制限)。

 なお、ネットワールドでは、「StorMagic SvSAN」の単体販売に加え、x86サーバーに「StorMagic SvSAN」「VMware vSphere」などをプリインストールしたオールイン・パッケージ製品「SVP(Smart Virtualization Pack)」のバージョンアップ版も近く販売を開始する。最新版の「SVP」は、x86サーバー2台に「VMware vSphere5.1」と「VMware vCenter」「StorMagic SvSAN5.0」をあらかじめインストールした状態で出荷する。