ネットワールド(森田晶一社長)は、9月12日、垂直統合アーキテクチャ「FlexPod データセンター・ソリューション(FlexPod)」の提供を開始した。

 相互接続検証済みのNetAppユニファイドストレージシステム、Cisco Unified Computing Systemサーバー、Cisco Nexusスイッチの各コンポーネントをリファレンス・アーキテクチャとして、構成ルールに従ってパッケージ化したデータセンタープラットフォーム。ユーザー企業は、サーバー、ストレージ、ネットワークの組み合わせを選定し、構成機器を揃えて正しく動作するかどうか検証する必要がなく、迅速にシステムを構築することができる。

 ネットワールドでは、「FlexPod」をネットワールドのチャネルパートナーがスムーズに再販できるよう、社内にFlexPod特別チームを編成して「FlexPodプレミアム構築支援サービス」を提供する。さらに、「FlexPod」とVMwareを組み合わせたシステムでは、Cisco、NetApp、VMwareのすべての一次ディストリビュータである強みを生かして、ネットワールドが一括保守窓口となる「FlexPodプレミアム保守サービス」を提供する。両サービスの提供は10月を予定している。

 また、「FlexPod」をプラットフォームとしたデータセンターシステムのプリコンフィグレーションサービスなど、ユーザー企業のプライベートクラウド環境を支援するサービスも拡充する計画。プリコンフィグレーションサービスは、ネットワールドで論理検証や事前設定を行い、確実な導入と時間短縮を実現する。年内をめどに提供する。

 ネットワールドでは、今回の発表にあわせて「FlexPod for VDI」(300ユーザーパック)を、税別価格5500万円のところ特別定価として3000万円(製品価格のみ)で販売する。