日立ソリューションズ・ビジネス(大西博久社長)は、1月16日、UHF帯新周波数帯(920MHz)に対応したリーダー装置と、複数種類のタグが混在した環境をサポートした物品貸出管理システム「レンタルマイスターシリーズ Ver.2.0」を発売した。

 「レンタルマイスターシリーズ」は、UHF帯RFIDによるタグを活用した物品貸出管理システム。電波法施行規則等の一部を改正する省令によって、UHF帯で使用できる周波数帯が変更に鳴ることを受けて、新たに新周波数帯に対応したリーダー装置をサポートした。同時に機能強化を図るとともに画面デザインを一新し、操作性や視認性を向上した。

 価格は、「レンタルマイスター」が31万5000円、「レンタルマイスターエンタープライズ」が367万5000円、「レンタルマイスターエンタープライズ リミテッド」が105万円、「レンタルマイスターエンタープライズ 滅却オプション」が52万5000円。日立ソリューションズ・ビジネスは、今後1年間で1億円の販売を目標としている。