NTTアイティ(長谷雅彦社長)は、多地点に散在する手元端末に資料や音声を提供する多地点ペーパーレス会議サービス「ミーティングプラザ PLC(PaperLess Conference)」を2月4日に発売する。

 iPad/iPhone、Android端末、Windows PC、Macなどの会議参加者端末に、発表者の資料や音声を提供するサービス。参加者端末の汎用ブラウザに発表者の資料と音声を配信することで、会議・セミナー会場内外の参加者が発表者の資料を見たり、発表者の音声を聞いたりできる。クラウドサービスなので初期費用を抑えながら、すぐに利用を開始できる。

 税別価格は、初期費用が3万円。月額料金は、資料・音声配信10地点、ウェブ会議5地点、使用時間制限なしの場合、タイプA(資料配信)が1万5000円、タイプB(資料+音声配信)が2万5000円、タイプC (タイプA+ウェブ会議)が6万円、タイプD (タイプB+ウェブ会議)が7万円。オンプレミス型でのシステム販売も用意する。NTTアイティでは、年間500契約を目標としている。