日本オラクル(遠藤隆雄社長)は、製造業向けのIT基盤「Oracle Digital Commerce」を開発し、1月24日に提供を開始した。ユーザー企業が新しいビジネスモデルを導入する際のITシステム構築を支援する。

 バックオフィス業務を支援する「Oracle Communications Billing and Revenue Management」、ECサイト構築のためのパッケージ製品「Oracle ATG Web Commerce」、販売動向や収益性の分析・レポートを支援する「Oracle Business Intelligence」という三つのソフトウェア製品を組み合わせて、統合的なソリューションを提供する。既存ITシステムとの連携も可能だ。

 柔軟な価格・料金設定や製品・サービスのデータベース管理を実現し、ECサイトで顧客ごとにカスタマイズした製品やサービスを提案することもできる。複雑な売上認識ルールにも、正確に、効率よく対応する。顧客やオファー別の収益も容易に分析できる。

 都内で開かれたユーザー企業向けプライベートイベント「Oracle Industry Leadership Summit 2013」では、米オラクルのジョナサン・オウムリガー グローバル・ハイテクノロジー・ビジネスユニットバイスプレジデントが、「Oracle Digital Commerce」のコンセプトや米国での導入事例を紹介。ネットワーク機器メーカー大手の米シスコが、「Oracle Digital Commerce」の導入によって、リアルタイムでの請求残高管理やパートナー企業へのロイヤリティ支払い計算の自動化を実現したことなどを説明した。(本多和幸)

導入事例などを紹介したオウムリガー バイスプレジデント