Skeed(明石昌也社長)は、大容量高速ファイル送達ソフト「SkeedFileMessenger」に新たに「ダイレクトサーブ機能」を追加し、2月5日に発売した。

 「SkeedFileMessenger」は、セキュリティを確保しながら、高速に大容量ファイルを授受できるファイル送達ソフトウェア製品。送信側・受信側の双方で特別な設定を行うことなく、ウェブ経由で簡単に利用することができる。送信側はファイル送信用ウェブページから任意のメールアドレスを指定したファイル送信を行い、受信側はファイル受信通知メールに記載されているURLを経由して、受信したファイルを取得する。

 送受信するパソコンには専用ソフトをインストールする必要はない。アップロードやダウンロード時に独自開発の高速通信プロトコルSSBPを用いた「高速転送モード」と、一般的なHTTP/HTTPSによる「WEB転送モード」のどきらかを選んで送達する。

 オプションとして追加した「ダイレクトサーブ機能」は、中継サーバーとなるSkeedFileMessengerサーバー(一般のサーバー機に同ソフトウェアをインストールしたもの)のローカルディスク、またはサーバーにマウントされたNASやSANに保管されているファイルを、改めて送信側のパソコンにいったんダウンロードしてから送るのではなく、サーバー上から直接受信側に送達する。元データは移動させることなく、そのファイルコピーだけを、セキュアにすばやく送達し、受信側でダウンロードできるので、とくにファイルデータの生成、送達頻度の多い業務などで利便性を高めることができる。

 価格は、基本ライセンスが105万円。新オプションの「ダイレクトサーブ機能」は52万5000円。