ワイ・ディ・シー(YDC、三奈木輝良社長)は、製造工程実績収集システム「W-POP」を発売した。

 製造工程の実績をパソコン・PDAなどで電子化して収集することによって、ペーパーレス化に貢献するシステム。生産状況の把握やトレーサビリティを実現する。

 工程や設備などの取得データの変更・追加時に、顧客自身で入力フィールドの追加・変更ができるので、システム改造コストや時間を大幅に削減することができる。また、品質情報統合・解析ソリューション「YDC SONAR」と連携して、実績情報を使用した分析レポートを作成することで、現状把握や納期回答など、現場の課題をスピーディに解決する。