日本IBM(マーティン・イェッター社長)は、2月22日、「IBM PureSystems」製品群を活用するための推奨アーキテクチャの提供を発表した。

 発表したのは、デスクトップ仮想化基盤(VDI)向けの「IBM SmarterCloud Desktop Infrastructure」と、マネージドサービスプロバイダ(MSP)のサービスを支援する「IBM PureFlex System and Flex System Managed Service Provider Editions」。「PureSystems」の次世代ブレード型基盤「Flex System」やIaaS基盤「PureFlex System」と推奨ソフトウェアを組み合わせたアーキテクチャだ。

 「IBM SmarterCloud Desktop Infrastructure」は、「PureFlex System」もしくは「Flex System」と、デスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware View」「Virtual Bridges VERDE」「Citrix XenDesktop」を組み合わせて提供する。検証済みのアーキテクチャなので、VDIの構築でハードウェアの選定やサイジングに要する時間を大幅に短縮できる。

 「IBM PureFlex System and Flex System Managed Service Provider Editions」は、MSPのエンドユーザーへのインフラ提供をサポートする。リモートモニタリングサービスやバーチャルデスクトップサービス、ヘルプデスクサービスなど、五つのソフトウェアソリューションを用意し、ユーザーの規模や使い方に合わせたハードウェア構成を含めて最適なシステムを提供する。

 長南広システム製品事業PureSystems事業部長は「専門家の知識を自動化してシステムに盛り込むのが『PureSystems』の思想。推奨アーキテクチャのような具体的なソリューションによって、ユーザーがビジネスにITを導入するまでの時間を短縮するとともに、自動化を推進し、業務コストを削減する」と推奨アーキテクチャ提供の目的を説明した。

 「IBM SmarterCloud Desktop Infrastructure」はすでに提供を開始。「IBM PureFlex System and Flex System Managed Service Provider Editions」は2月28日に提供を開始する予定。(本多和幸)

長南広システム製品事業PureSystems事業部長