農業や漁業は、他産業に比べてIT化が遅れている。しかし、就労人口が減少して生産額が落ち込み、高齢化が進んでいるからこそ、IT化して生産性を引き上げなければならない。そんなニーズを見込んで、この未開拓市場をクラウドを活用して切り開こうとするITベンダーが増えている。だが、市場規模が大きくないことから、ビジネスとして成立するのか、疑問視する声もある。きちんと収益を上げるために、ITベンダーは、どのようなビジネスモデルを構築しようとしているのか。(取材・文/真鍋武)