三井情報(MKI、齋藤正記社長)は、3月29日、UQコミュニケーションズ(UQ、野坂章雄社長)と、UQ WiMAX回線を利用した通信サービスを提供するMVNO(仮想移動体通信事業者)契約を締結したと発表した。

 MKIは、モバイル活用やBCP対策など常に変化するユーザーニーズに対して、ネットワーク構築からモバイル網の接続、保守までをワンストップで提供するためにMVNO事業に参入する。参入によって既存ビジネスの提案領域を広げるだけでなく、UQ WiMAX回線を利用した新規MVNOソリューション創出にも取り組む。防水・屋外対応ルータなどの特注モデルを利用したBCP対策ソリューションや「移動型アクセスポイント」ソリューションを提案していく予定。

 今後、MKIはプラットフォーム構築からシステム開発までの実績を生かし、モバイル通信回線だけでなく、M2Mやクラウドサービスなどの分野も含めた複合的ソリューションの創出を進める。