三井情報(MKI、齋藤正記社長)は、「予算/実績の管理」「勤怠管理」など、手作業になりがちなExcelデータの集計作業を自動で行うクラウドサービス「Gathering Module(GM)」を3月に発売する。

 クラウド上の「GM」にアクセスし、直接Excelファイルへデータを入力するだけで自動的にデータを集計し、一覧表として集計結果を反映するサービス。データを入力・報告する側は、クラウド上のExcelファイルへデータを入力・アップロードするだけ。アップロードされたデータは自動的に一覧表に集約・集計されるので、集計・管理の手間を省くことができる。

 ウェブサービスなので、インターネット環境さえあれば、オフィス、自宅、外出先など、場所を問わず利用できる。また、組織間・会社間では実現が難しい「共有フォルダ」でのExcelファイル管理を、クラウドサービスを利用してウェブ上で管理することによって、グループ会社間などでデータの共有ができる。価格は100ユーザーで月額25万円から。初回登録料は10万円。