アシスト(大塚辰男社長)は、4月4日、モバイル端末を含む企業資産の管理負荷の軽減とセキュリティ対策を実現する「スマートデバイス・ソリューション」の提供を開始した。

 クライアント仮想化ソフトウェア「PowerTerm WebConnect」をはじめとするEricom製品に加えて、不正持込みPC検知&強制排除システム「S.COATBOX」(日立情報制御ソリューションズ)、統合システム運用管理「JP1」(日立製作所)、モバイル端末管理(MDM)製品「Optimal Biz for Mobile」(オプティム)を組み合わせて提供するソリューション。スマートデバイスのビジネス利用で、顧客企業のさまざまなニーズに応じたセキュリティ対策の強化、運用負荷の軽減を支援する。

 Ericom製クライアント仮想化ソフトウェアは、スマートフォンやタブレット端末からのデスクトップ仮想環境への接続を実現。デスクトップ上のデータを端末に保存させない設定をすることで、利便性を向上し、セキュリティを確保する。

 「S.COATBOX」は、社内ネットワークへの接続を許可されていない端末の検知・強制排除を行い、顧客情報などの重要データの漏えいやサーバー攻撃などのリスクを回避する。

 「Optimal Biz for Mobile」は、スマートフォンやタブレット端末の資産情報の収集/管理を行う。統合システム運用管理「JP1」の資産管理モジュールとの連携することによって、「JP1」上でPCの資産情報とスマートフォンやタブレット端末の資産情報を一元管理し、管理者の端末管理負荷を軽減する。また、端末を紛失した際のリモートロック/ワイプのほか、導入アプリケーションの制御やURLフィルタリング、ウイルス対策機能など、スマートデバイスに必要とされるセキュリティを提供する。