オービックビジネスコンサルタント(OBC、和田成史社長)は、4月23日、企業内での自由な情報活用を実現する新たなライセンス形態「参照専用ライセンス」の販売を開始した。

 「参照専用ライセンス」は、企業内で自由に基幹情報を活用するニーズに対応した情報参照に特化したライセンス。「奉行シリーズ」の企業内ネットワーク対応版「奉行シリーズ ネットワークエディション」のクライアントライセンスの一つとして提供する。

 経営からバックオフィス部門(経理部・総務部)、現場部門まで、利用者ごとに見たい情報を見たいかたちで、すぐに参照・出力することができるので、さまざまなビジネスシーンで情報活用と業務生産性の向上を実現する。

 OBCは、新ライセンスによって基幹業務システム「奉行i8シリーズ/奉行V ERP8」のコンセプト「情報型ワークスタイル<誰もが自由に情報活用できる環境での新たな業務のあり方>」を促進し、利用者の判断や行動を促す情報活用を基幹業務システムの新たな付加価値として提案していく。