ニュース

ビーエスピー、帳票基盤ツール「BSP-RM」の最新バージョン

2013/04/26 18:31

 ビーエスピー(BSP、竹藤浩樹社長)は、帳票基盤ツール「BSP-RM」の新バージョン「1.6.6」を4月30日に発売する。

 帳票用途に応じた出力先プリンタの変更や電子ファイルへの変換、出力部数の変更などが発生しても、設定変更だけで業務アプリケーションに手を加えずに対応できる機能を備えた帳票基盤ツール。新バージョンでは、日立製作所(中西宏明社長)の帳票ミドルウェア「uCosminexus EUR V9」と連携する「BSP-RM/EUR DRV オプション」を搭載した。

 「BSP-RM/EUR DRV オプション」によって、「uCosminexus EUR」の特徴の一つであるプログラミングレス帳票カスタマイズ機能が利用できるようになり、法改正や企業間、部門間の統廃合、ビジネスロジックの変化など、帳票レイアウトの変更が必要な場合でも、プログラミングなしで対応できる。

 「BSP-RM」「uCosminexus EUR V9」はUnicodeに対応し、日本語・中国語・英語のほか、タイ語・ベトナム語・フランス語などの帳票に対応。顧客のグローバル展開をサポートする。

 また、帳票サーバーに処理要求が集中した場合でも、「BSP-RM」による多重度制御と、「uCosminexus EUR V9」による流量制御によって、サーバーの負荷を一定に保つことで帳票サーバーの障害を未然に防止し、システムの安定稼働を維持する。

 税別価格は、「BSP-RM for Windows」の基本ライセンスが380万円から、「BSP-RM/EUR DRV オプション」が30万円から。
  • 1

関連記事

<BCN REPORT>Beaconユーザシンポジウム(下) 課題山積のスマートデバイス利用を研究 新技術を導入して業務に生かす

<BCN REPORT>Beaconユーザシンポジウム(上) クラウド前提のシステム運用を考察 30回の節目を迎えた記念イベント

BSP上海、中国現地の有力IT販社、BIT上海との提携を強化

BSPとビーコンITにみるユーザー会のあり方(下) 多彩な「完成させる研究」を披露 来年は記念の30回目

BSPとビーコンITにみるユーザー会のあり方(上) 若手技術者がチャレンジする場 先端技術の研究意欲が盛り上がる

外部リンク

ビーエスピー=http://www.bsp.jp/

「BSP-RM」=http://www.bsp.jp/products/rm/index.html

「uCosminexus EUR V9」=http://www.hitachi.co.jp/soft/eur/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>