その他

<BCN REPORT>Beaconユーザシンポジウム(下) 課題山積のスマートデバイス利用を研究 新技術を導入して業務に生かす

2013/04/11 21:03

週刊BCN 2013年04月08日vol.1476掲載

 システム運用管理システムのビーエスピー(BSP、竹藤浩樹社長)とデータ・システム連携のビーコンインフォメーションテクノロジー(ビーコンIT、新藤匡浩社長)のユーザー企業で構成する「Beaconユーザ会」(坪井祐司会長=LIXIL上席執行役員企画管理本部長)が、3月7~8日に滋賀県で開催した「Beaconユーザシンポジウム」の2日目は、異業種で構成された中堅・若手のIT担当者による32の研究グループが1年間の成果を発表した。今回は、スマートデバイスやクラウドコンピューティング環境下での課題など、時宜を得たテーマにもとづく内容が多くを占めた。このうち、東日本情報活用研究会のHTML5基礎に関する取り組みが最優秀活動賞に選ばれた。(取材・文/谷畑良胤)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

<BCN REPORT>Beaconユーザシンポジウム(上) クラウド前提のシステム運用を考察 30回の節目を迎えた記念イベント

BSPとビーコンITにみるユーザー会のあり方(上) 若手技術者がチャレンジする場 先端技術の研究意欲が盛り上がる

BSPとビーコンITにみるユーザー会のあり方(下) 多彩な「完成させる研究」を披露 来年は記念の30回目

日系企業が集う上海ITフォーラム、現在「3G」を研究中

東洋ビジネスエンジニアリング、アジアの生産拠点向け事業が拡大、今夏にはグローバル連結経営製品を発売

外部リンク

ビーエスピー=http://www.bsp.jp/

ビーコンインフォメーションテクノロジー

第30回Beaconユーザシンポジウム 開催報告