バラクーダネットワークスジャパン(林田直樹社長)は、5月14日、ウェブアプリケーションを狙う攻撃からシステムを保護するアプライアンス製品「Barracuda Web Application Firewall 460 仮想アプライアンス(WAF)」が、札幌学院大学(鶴丸俊明学長)に採用されたと発表した。すでに稼働を開始している。

 札幌学院大学では、5年ほど前からウェブメールシステム、Web CMS、WordPressなど、オープンソースを積極的に導入。入手できる情報が非常に多くなる一方、セキュリティに配慮する必要があった。実際に、WordPressに実在するURLに攻撃のパラメータを付与してリクエストを投げ、セキュリティの「穴」を探しにくる攻撃とおぼしき通信が確認されていたという。

 「WAF」を導入することで、これらの攻撃を防御することに加え、ログを確認するだけでどんな攻撃を受けているのか、明確にわかるようになった。さらに、各サーバーに分散していたログが、WAFを経由する通信は攻撃、アクセスログともにWAFのGUIで一括監視できるので、管理負荷が下がり、予想していなかったメリットも出てきたという。

 導入は京セラ丸善システムインテグレーションが担当し、バラクーダネットワークスの一次代理店である京セラコミュニケーションシステムがサポートを担当した。