トレンドマイクロ(エバ・チェンCEO)は、6月13日、西日本エリアのICT(情報通信技術)ベンダーであるNTTネオメイト(戸谷典嗣社長)が、仮想デスクトップ(VDI)向けセキュリティ対策に「Trend Micro Deep Security」を採用したと発表した。

 NTTネオメイトは、これまで社内でVDIを構築・運用し、一部の業務用端末を仮想化して利用してきた。セキュリティ対策としてエージェント型のウイルス対策製品を導入していたが、複数のVDIに対して同時にウイルス検索を実行した際のシステムへの過負荷発生の懸念から、システム全体のウイルス検索実行が困難になっていたことから、新たなDaaS(Desktop as a Service)環境の導入・運用を決定した。

 NTTネオメイトで検証した結果、運用時の安定したパフォーマンスとシステム負荷削減を実現するソリューションとして「VMware Horizon View」によるVDIと、エージェントレス型の「Deep Security」によるセキュリティ対策導入を決定。2013年4月に、約6000台分のVDIで「Deep Security」の利用を開始した。

 これによって、システム全体のウイルス検索実行やウイルスパターンファイル配信のスケジュールの簡素化を実現。DaaS環境構築にあたっては、導入までの情報提供や検証環境構築の支援など、トレンドマイクロの技術サポートが高く評価されたという。(ゼンフ ミシャ)