内田洋行(柏原孝社長)は、6月18日、鉄鋼卸・加工業向けのERP(統合基幹業務システム)パッケージ「スーパーカクテルデュオ鉄鋼」の販売を開始したと発表した。

 「スーパーカクテルデュオ鉄鋼」は、内田洋行ITソリューションズ西日本(土屋正弘社長)が、内田洋行の販売管理業務パッケージ「スーパーカクテルデュオ販売」をベースに鉄鋼卸・加工業に特化して開発。業種特化の機能開発をパートナー企業に奨励する内田洋行の「ライブラリマート制度」によって、「スーパーカクテルシリーズ」として認定された。今後、内田洋行グループや全国の販社を通じて拡販する。

 鉄鋼卸・加工業界では、収益拡大、コスト管理の徹底、欠品防止、納期短縮、問い合わせ対応の向上などで、顧客への提供価値を最大化する取り組みが進んでいる。これに応え、案件進捗状況や利益の一元管理、加工時に発生する端材を含めた在庫管理、輸出入業務ソフトとの連携による輸出入業務管理などを搭載。経営情報の可視化や競争力の強化が求められていることから、「スーパーカクテルデュオ鉄鋼」としてパッケージ化することになった。(佐相彰彦)