鈴与シンワート(成岡謹之輔社長)とGBR(茂内将平社長)は、6月21日、スーパーストリーム(高山峰美社長)の会計パッケージ「SuperStream」をより快適・安全に低コストで構築・運営できるサービス型会計ソリューション「GritS for SuperStream Ver.1.0」を発表した。

 「SuperStream」は、95年の発売以来、クライアントサーバー型の「GLシリーズ」「COREシリーズ」、完全ウェブ型の「NXシリーズ」でトータル7000社を超える企業が導入している。鈴与シンワートグループは、SuperStreamビジネスでトップクラスの実績をもち、市場をけん引してきた。今回、中堅企業向けのSuperStreamビジネスをさらに加速するために、新サービス体系「GritS for SuperStream」を立ち上げた。

 「GritS for SuperStream」では、構築費用など不透明な部分も含めてすべてを明確にするとともに、アドオン実績ライブラリを公開し、顧客が導入イメージを明確にできるようにした。また、鈴与シンワートグループであるGBRのワークフロー強化型グループウェア「POWER EGG」と連携することで、経費や取引先への支払い・申請データを「Grits for SuperStream」と連動処理することができる。

 税別価格は、「NX-Smartクラウドサービス」の場合、最小構成で月額7万円から。鈴与シンワートとGBRは、共同の販売目標として、5年間で100社からの受注を見込んでいる。