NEC(遠藤信博社長)と米ヒューレット・パッカード(HP、メグ・ホイットマンCEO)は、協力してミッションクリティカルコンピューティングやブレード分野での技術開発を促進するために戦略的なグローバル・アライアンスを拡張し、エンタープライズ領域のシステムを利用するユーザー企業に革新的なソリューションを提供することを目指す。

 NECとHPは、1995年に戦略的なパートナーシップを締結し、NECがHPのUNIXベースの基本ソフト「HP-UX」をベースとした大規模なミッションクリティカルITシステムやソリューションを提供してきた。また、「HP-UX」「HP Integrityサーバー」「NEC NX7700iシリーズ」での協業体制から、多くの実績を積み上げてきた。今回、この協業領域を次世代のミッションクリティカルx86サーバーの領域に拡張する。これによって、ソーシャルネットワーク、モバイルコンピューティング、クラウド、ビッグデータなどの新たなITの潮流のなかで求められる最高水準のシステム可用性を提供する。

 具体的には、HPの「Superdome2」とブレードテクノロジーを基盤とする高拡張性のサーバー・システム「DragonHawk」(開発コードネーム)を含め、多様なミッションクリティカル・プラットフォームに先進技術の開発を加速する。また、共同開発したソリューションを世界市場で展開することを計画している。これによって、「HP Project Odyssey」との一貫性を維持しながら、柔軟性にすぐれ、エンタープライズ領域でのユーザー固有のニーズに対応するソリューションの選択肢を拡大し、ミッションクリティカル環境での投資の保護を実現する。

 戦略提携の拡張の一つとして、技術協業を広げ、「HP-UX」の機能拡張を推進するとともに、LinuxとMicrosoft Windowsベースのミッションクリティカルソリューション提供のために、ミッションクリティカルx86プラットフォームの品質保証のためのテスト・検証を含む技術協業を推進する。