ニュース

学研教育みらいと日立システムズ、幼稚園・保育所向けクラウドの新メニューを発売

2013/07/30 18:34

 学研ホールディングスグループの学研教育みらい(鈴木祥夫社長)は、日立システムズ(高橋直也社長)と協業し、幼稚園・保育所向けクラウドサービス「園ぴゅう太シリーズ」の新メニューとして「統合型園内業務支援サービス(園ぴゅう太 らくらくせんせい)」を発売する。

 日立システムズのデータセンターやサポート体制を活用して、幼稚園・保育所の管理者の業務を支援するサービス。園児管理や登降園管理、日誌・計画管理、園内情報共有の機能を備え、業務の効率化や保育レベルの向上をサポートする。価格は、初期導入費用が47万2500円から、月額費用は1万5750円から。

 両社は、学研教育みらいがもつ300店以上の代理店販売網などを活用し、2015年度末までに3000施設への納入を目指す。(ゼンフ ミシャ)
  • 1

関連記事

日立システムズ、SaaS型「App Bridge 統合監視サービス」の機能を強化

日立グループSIerのグローバル戦略 北米を軸とする販売体制を構築へ 「イノベーション伝播」のチャネルを活用

日立システムズと日立サンウェイ、日本と東南アジアのセキュリティ事業を強化

日立システムズ、ソーシャルメディア分析技術のホットリンクに出資

日立システムズ、仮想化統合監視・運用サービスを強化

外部リンク

学研教育みらい=http://gakken-kyoikumirai.co.jp/

日立システムズ=http://www.hitachi-systems.com/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>