ネット通販システム開発のSAVAWAY(サバウェイ、中井健司社長)は、7月31日、通販サイトを訪れる顧客ごとに画面デザインや内容を自動的に変える個別接客型カートシステム「コレカゴplus」を発売した。

 顧客の性別や地域、嗜好、購入履歴などに合わせて、ショップ画面のコンテンツや画像、デザインの枠組み、レイアウトなどを表示するネットショップの買い物カゴ。

SAVAWAY営業部の道又嗣巳リーダー

 従来のシステムにも、バナー広告の種類を差し替えたり、複数のURLを用意したりすることで顧客を個別に誘導する機能などはあったが、「同一URL内で、属性や行動履歴によって、コンテンツをデザインごと動的に変化させるクラウド型のカートシステムはなかった」と、SAVAWAY営業部の道又嗣巳リーダーは胸を張る。

 SAVAWAYは、現在、サービスに関する仕組みの特許を出願中。初年度に1000社への販売を目指す。