システックコア(河瀬誠宏代表取締役)は、8月6日、外部の攻撃からHDD内の重要な情報データを守る世界初のネットワークシステム「秘密金庫HDDサーバーファイルシステム」を発売した。

 HDDに仮想化コーディングを施して、Windows OSから乖離した独自のファイル管理システムを構築。Windows OSが認識しないことで、外部からの遠隔操作やハッキングなどが一切できない安全な情報管理システムと秘密金庫HDDサーバーソフト、秘密金庫クライアントを構成する。

 既存のサーバーに秘密金庫HDDを増設する感覚で、簡単にセットアップすることができる。また、既存のアプリケーションをそのまま活用するので、運用管理の負担を軽減する。さらに、サーバーアクセスログやクライアントの操作ログを取得することで、問題解決に向けてすばやく対応できる。価格は25万円から。