ネットワンシステムズ(吉野孝行社長)は、9月27日、革新的な技術をいち早く通信事業者へ紹介することを目的に、シリコンフォトニクス技術を世界で初めて搭載したルータを開発するイスラエルのCompass Electro-Optical Systems(Compass-EOS)と国内初の販売代理店契約を締結したと発表した。

 シリコンフォトニクス技術とは、これまで電子回路だけだった半導体(シリコン)チップ上に光回路を実現する技術。従来型の電子回路は、高周波数になるほど電気信号の減衰が多くなり、ノイズ・干渉・熱の問題から通信速度が頭打ちになるという課題があった。この課題に対して、Compass-EOSが世界で初めて商用化したシリコンフォトニクス技術「icPhotonics」は、新開発のシリコンチップ同士を直接光ファイバーで接続することによって、ルータ内のモジュール間での光通信を実現し、従来の通信速度の限界を超えた速度を実現する。

 シリコンフォトニクス技術を搭載したCompass-EOSのルータ「r10004」は、高さ6RU(26.67cm)で、システム容量が800Gbps、消費電力が平均3.0kWと、業界最高クラスの容量密度と省電力性能をもつ小型の超ハイエンドルータ。今後、Compass-EOSは、ルータのソフトウェアとハードウェアを進化させることによって、機能の拡充と劇的な高速化を予定している。